予防する

ストレッチをする女性

外反母趾とは、ヒールなどの足先が狭い靴や、足に合わない靴を履いていたりすることで、足の親指が外側に向いて変形していきます。 一度外反母趾になってしまうとなかなか治りにくく、親指が外側に向かって変形していくので足が痛くなります。その上、ヒールなどを継続的に履き続けることで、どんどん変形していきます。 そういった外反母趾の人の為に作られた靴や、外反母趾を予防するための靴があります。これらの靴を履くことによって、外反母趾の痛みを軽減したり、外反母趾になりにくくなります。また、どうしてもヒールを履かなくてはならないという人は、高さの低いヒールを履いたり、パットなどを靴の中に入れて、足の指の補助をするようにできます。

最近では、外反母趾の人専用の靴や靴下などが販売されるようになりました。 また、ヒールなどを履く女性が多いことから、外反母趾になる人も増えてきています。そういった人たちを対象として、さまざまな予防グッズなども販売されるようになってきました。 対応した靴では、足先の部分が広くなっており、足に負担をかけないような作りになっている物や、足先がカーブしている物などが販売されています。 こういった履き物は、機能性に優れているものの、デザインがいまいちというイメージが強い場合もありますが、最近ではデザイン性に優れた履き物も多く販売されるようになってきました。 このように、外反母趾に対応した履き物の改良がこれからも広がると考えます。